乳癌をしっかりと治療しよう|セルフチェックで早期発見

笑顔の男性ドクター

自分でわかるのが特徴

胸を押さえる中年女性

しこりがわかることが多い

乳癌は近年増えてきている乳房にできる癌です。乳癌は男の人でもなる可能性があり、早期であれば治療も短期間で終わることがあります。乳房を触ってみると「しこり」を感じることができます。しこりには良性のものと悪性のものがあり、一見見分けがつきません。しこりかな、と思った場合は超音波検査やマンモグラフィの検査を行うと良いでしょう。乳癌と診断されると手術や抗がん剤などを使用する化学療法、放射線療法などの治療が行われます。この3つは標準治療と呼ばれどの病院でも取り入れられている方法です。癌の中では珍しく乳癌は10年以上たって再発や転移をすることがあります。手術などの治療を行った後は油断せずに定期的に医療機関にかかるのを忘れないようにします。

しこりを見つけるには

しこりは乳癌の特徴の一つであり5ミリよりも大きくなると触るとわかることがあります。コロコロとした感じがして、いつもとは何かが違うと感じることもあります。乳房は生理周期によって硬さが変わります。そのためしこりをきちんと確認するには生理周期に注目することが大切です。生理の時や生理前には乳房は硬くなってしまうので、手で確認をする時は生理が終わって3日ほど経ったときに行うようにしましょう。しこりを確認するにはお風呂に入っている時や寝る前が良いです。お風呂に入っている時は片方ずつ腕をあげくぼんでいるところはないか、変形していないか鏡を使って確認をします。石鹸を手につけて行うと滑りが良くなるので発見しやすくなります。

女性特有の病気

下を向く人

生活をするうえで、病気になる事もあります。そして、いろいろな方が利用しているのが健康診断です。女性の場合、乳癌になる確率が上昇しているため40歳になると検診を受けることができます。早期に治療をすれば、ほとんどが治ることが多いです。

詳細へ

女性特有の癌

病院

女性特有の癌の一つである乳癌は、他の癌と同じく外科手術や放射線治療、抗がん剤を用いるなどの治療法が行われます。癌のリスクは転移ですが、乳癌は比較的転移性津を持たない癌の場合が多いため治療法を見極める必要があります。

詳細へ

大切な乳房を守るために

悩む女性

乳癌治療については、今日本でも乳房を温存する手術法が主流になって来ています。ただし、それには癌の大きさ等が関係してきますので、検診を受けるなどして早期に発見する必要があります。また、乳癌治療には手術の他にも様々なものがありますが、治療法を選択する際には医師と納得のいくまで相談しましょう。

詳細へ